2013.11.24 アイリッシュハープ修理状況

以前紹介したアイリッシュハープについて。

前回の記事に追記しましたが、諸事情により一度ネットで宣伝して販売することになりました。

で、時間ができたこともあり、気になるとこ所をこの際きっちり修理してしまうことにしました。

弦がかかる部分(ピアノなどでいうアグラフ的な穴)が引っ張られてちょっと浮いてきてたんで、削って埋め木をしました。
実際響板等は浮いてなかったんで直す必要なかったんですけど・・・気分の問題ってやつです。

20131124_1768643

ちょっと塗装してみましたが、色を合わせるのは大変です。

20131124_1768644

弦も取り寄せして交換しました。巻き線は全て替えましたが、ナイロン弦は調律して切れたものだけを交換しました。
ところで、ハープは赤がCで青はFというように色分けされてるんですね。

20131124_1768662