2016.5.21 茶色い丸椅子。おそらくラストです!!

20160505_130031_867 20160505_130022_263 20160505_125958_606 20160505_125952_581

丸椅子の最新作です。おそらくこれで打ち止めです。

座面のクッション性は弱いですが、シルエットが綺麗です。また、足の中央の木材はマホガニーです。

お値段等は他の椅子と同じく35,000円です。よろしくお願いいたします。

2016.5.19 和風。上品なトムソン椅子はいかがですか?

20160505_130508_438

いかがでしょう?

中古のトムソン椅子なんですが、座面を変えてみたところ急に上品な感じになりました。

 

畳の上にピアノを置かれている方もおられると思うのですが、これなら和風でマッチするのでは…?

黒のピアノにワンポイントのオシャレをどうでしょう?

価格は20,000円(運送料別)です。ぜひご検討を。

 

2016.3.25 レトロなアコーディオンが入荷しました‼

20160318_133616_700

おそらくヤマハの1960年代のアコーディオンだと思われます。

現在販売されているものとはデザインが全く違います。

20160318_133632_634

 

写真でもお分かりいただけると思いますが、古いわりにとても綺麗な状態で残っていました。

 

20160318_133606_542

 

これも古いものですが、ケース付です。興味を引かれた方がいらっしゃいましたらこちらからお気軽にご連絡ください。

2016.3.23 丸椅子の別パターンです

以前紹介した丸椅子に別パターンが完成しました。下の写真のものですが、木目の美しいアンティークの椅子です。

20160318_145333_777

 

20160318_145351_288

2016.2.13 アンティーク ピアノ椅子をお探しの方へ

先日のアンティーク木目調ピアノに続き、アンティーク木目調ピアノ椅子の紹介です。

ピアノの椅子といえばアップライトだと黒いトムソン椅子(背もたれ付きの椅子)が多く、グランドだと横に幅広い椅子が多いです。

しかし、昭和30年代はグランドにトムソン椅子、アップライトは丸椅子が主流でした。

20160212_112353_800

2016.4.10 売約↑

20160212_111903_668

 

注目ポイントは…

1.4本足

昭和30年代は4本足でした。しかし、徐々にピアノが安くなっていく中で付属品である椅子も安くせざるをえなくなり3本足に変わっていきました。

3本と4本なんてたいして変わらないように思われるかもしれませんが、実際作る側からすると床に置いた時のガタつきをなくしたりする面からは大きく違います。しかし、3本足になってからは安定性の問題で子供が遊んでいて転んだりすることがよくあったようです。

2.木目調

以前載せたピアノもそうでしたが、この椅子ももともとは黒でした。その塗装を当方で剥ぎ取り、中の木目を出してニスで仕上げたのがこの椅子です。

現在なら『どうせ黒く塗装してしまうので中の材質なんてこだわってもコストの無駄』となりそうなものですが、この当時の椅子は塗装を剥がしてみると美しい木目が現れます(おそらく桜か)。

また、以下の写真を見てください。3本足と4本足の違いです。

20160212_112946_882

20160212_112940_219

 

お分かりでしょうか、この違い。脚の形が既に経費削減を物語っています。左の3本足よりも右の4本足の方が切り出す分材料費がかかるのではないでしょうか。うーむ。世知辛いことですが仕方ないことです。

3.入手困難

何度も書かせていただいておりますが、そもそも4本足が売られていた時代は過去となり、昭和30年代を越えると3本足が主体となり、結局今では丸椅子自体がほとんど消えてしまいました。

3本足になってからは木材もケチるようになったため、このタイプの椅子が残っていることが珍しいです。

まさしくアンティークです。当方でも在庫がなくなり次第、次の入荷時期などは全くわかりません。

4.最後に

20160212_113230_581

いかがでしょう?木目調のピアノに木目調のピアノの前に置くと雰囲気があると思いませんか?このような工房でなく、ご家庭や喫茶店などにあっても雰囲気が出そうですよね。

 

2016.4.10追記

座面が金色の椅子が売れました。ありがとうございました。

 

2014.07.01 手頃なサイズのチェンバロが入荷しました。

20140701_2504228 20140701_2504279

 

先日、チェンバロが入荷しました。

「BROTHER」と名前が入っていますが、アトラスという今は無くなってしまった日本のピアノメーカーのものです。

 

 

中古で、響板に修理跡がありますが、至って綺麗なものです。

20140701_2504230

 

↑響板の修理跡ちょっと見にくくてすみません。

何より、このチェンバロの良いところはサイズです。

奥行144センチ、幅94センチ、高さ84センチ

今、カワイなどで作られているものは大きすぎて…という方にオススメです。

このサイズなら部屋の隅において、眠れぬ夜にゴールドベルク変奏曲を弾くことも可能かと。

椅子も付いてます。

20140701_2504278

 

2014.11

販売いたしました。ありがとうございました。

2013.12.18 弦楽器始めました。

このたびみね楽器ではヴァイオリンとチェロの取り扱いを始めました。

もちろん自分はヴァイオリンを弾けるわけでも修理できません。
師匠筋のヴァイオリン職人の方に声をかけていただきまして、販売させてもらえることとなりました。

新品はちょっとお高めですがヴァイオリンの先生のお墨付き、中古は職人の調整済みですが、思った以上に安いです。
せっかくだからちょっと良いものを・・・という方いかがでしょうか?

また、1/2や1/16といった子供用サイズも中古でありますのでご興味のある方ぜひご覧ください。

20131218_1839693

↑現在ヤフオクでも出品している1/16のヴァイオリンです。

20131218_1839694

↑こちらも現在ヤフオクに出品している1/2のチェロです。

20131218_1839695

↑2009年に製作された日本の職人手作りの4/4ヴァイオリンです。

2013.11.25 ウクレレ販売中

ウクレレをヤフオクにて販売します。

実は数年前から未修理でほったらかしだったんですが(苦笑)、ここ2週間くらいハープの修理にニカワを使ってたんで、ついでにウクレレも直そう!という事で。

20131124_1770757

このウクレレは僕が手に入れた時、既に誰かによって一度修理されてたのか、前の持ち主が修理に失敗して手放したのか…。とにかくブリッジがとれてました。

そしてブリッジの取り付け部分に木工用ボンドの跡が…。

まずは木工用ボンドを削り取って、磨いて、ニカワでくっつけました!

20131124_1770777

実際修理はこれくらい。

塗装は年代から考えれば綺麗なもんだと思いますがちょこちょこ傷あり。

一回塗装剥がしてニスを塗り直してやろうかとも思ったんですが、オリジナルの方が好まれるかもしれないし…、あんまりなとこだけ色を少しつけてニス塗って磨く程度にしました。

3枚目と4枚目は同じ角度から撮った写真ですが、光の当たりかげんでは目立たなかったり目立ったりします。

20131124_1770770 20131124_1770771 20131124_1770772 20131124_1770775

KAMAKAは歴史あるハワイのブランドで、ヘッドには通常kkの文字が入ってるんですが、これはkeikiとなっています。

20131124_1770763

まさか偽物か??と思い調べてみたところ、本物でした!良かった!!

サウンドホールから中を覗くとKAMAKA Hawaiian Handmadeのゴールドラベルがあります。
また、磨く際に邪魔だから外してしまいましたが、ヘッド裏にK-1だったかK-2だったかのシールが貼ってありました(残しといたら良かった…)。

これらの事から1960年代の物ではないかと考えています。

20131124_1770762

あとどうやらkeikiは子供用、もしくは廉価版のようですが、なぜか日本で作られていたようで、むしろしっかり作られているとの事。
また、子供用ということですが、大きさや音などは特に大人用(?)との差はないらしいです。

こちらのサイトに詳しく載っています。

「カマカ・ジャパンの謎」

さらに今回の出品には、替えの弦、ハードケース(鍵付き)を付けます。

2013.11.24 アイリッシュハープ修理状況

以前紹介したアイリッシュハープについて。

前回の記事に追記しましたが、諸事情により一度ネットで宣伝して販売することになりました。

で、時間ができたこともあり、気になるとこ所をこの際きっちり修理してしまうことにしました。

弦がかかる部分(ピアノなどでいうアグラフ的な穴)が引っ張られてちょっと浮いてきてたんで、削って埋め木をしました。
実際響板等は浮いてなかったんで直す必要なかったんですけど・・・気分の問題ってやつです。

20131124_1768643

ちょっと塗装してみましたが、色を合わせるのは大変です。

20131124_1768644

弦も取り寄せして交換しました。巻き線は全て替えましたが、ナイロン弦は調律して切れたものだけを交換しました。
ところで、ハープは赤がCで青はFというように色分けされてるんですね。

20131124_1768662

 

 

2013.11.14 ハープがきましたよ~

先週末に工房にハープが届きました。

20131113_1734798

青山のアイリッシュハープです。
30年ほど前にお客様が購入されたものだそうですが、このたび、手放されることとなりました。

調べてみてビックリ!!
青山ハープの36弦のものは安くても42万円もするんですね。

30年物ということもあっていろいろと修理箇所がありますが、年式を考えればきれいなハープです。

このハープに関してはすでに買い手がついていますが、たまーにこういう楽器が入ってくるのも勉強になって面白いです。

11/20 現在塗装している真っ最中です。 お客様が既に決定していると以前書きましたが、諸事情により一度自分がネットで売りに出してみる事になりました。

一週間限定で出してみて売れ残ったらまた師匠のお客様に声をかける事になりました。

中古の程度の良い(修理済み、さらに新品弦、調律工具つき)36弦アイリッシュハープをお探しの方! 32万円+運送料ですのでご連絡下さい。

運送は高価な楽器なので当方で運びたいのですが、遠方だと運送方法をご指定いただくか、日通のペリカン便などを考えています。 当方で運ぶなら運送料は10000円です。近畿圏内、名古屋、福井くらいまでなら持って行きます。よろしくお願いします! info@mine-g.com